『代名詞の紹介』のブログ画像。

代名詞の紹介 (8種類の代名詞)

代名詞(Pronoun)は、英語の文法において重要な役割を果たします。

代名詞とは、人や物を指し示すために使用される単語のことを指します。英語の代名詞には、人称代名詞、所有代名詞、指示代名詞、疑問代名詞、関係代名詞、再帰代名詞、不定代名詞と相互代名詞があります(現在、相互代名詞はこの記事に含まれていませんが、今後更新する予定です)。

主語と目的語の簡単な説明

主語 (Subject)

主語は文の中で動作を行う者や、状態を表す者を示します。主語は通常、文の最初に置かれます。

例文:

I ate an apple.
(私はリンゴを食べました。)

She runs every morning.
(彼女は毎朝走ります。)

目的語 (Object)

目的語は、動作の対象となる者や物を示します。目的語は通常、動詞の後に置かれます。

例文:

He found the book.
(彼はその本を見つけました。)

They invited us.
(彼らは私たちを招待しました。)

主語は「誰が」「何が」を示し、目的語は「誰を」「何を」を示すため、文章の意味を明確にする重要です。また、英語の文には主語と主動詞が必要です。

人称代名詞の紹介

人称代名詞は人物を指し示すために使用される代名詞です。例えば、「I」「you」「he」「she」「it」「we」「they」などが人称代名詞です。これらの代名詞は、主語や目的語として文中で使用されます。

人称代名詞(Personal Pronoun)
主語 (Subject)目的語 (Object)
単数 (Singular)複数 (Plural)単数複数
一人称Iweme us
二人称youyou you you
三人称he, she, itthey him, her, itthem

人称代名詞の紹介と視点の説明

一人称 (First Person)

一人称視点は、自分自身について話すときに使います。

単数 (Singular)

主語 (Subject): I (私は)

目的語 (Object): me (私を・私に)

例文:

I am the hero of this story.
(私はこの物語の主人公です。)

The dog followed me home.
(犬が私を家までついてきました。)

複数 (Plural)

主語 (Subject): we (私たちは)

目的語 (Object): us (私たちを・私たちに)

例文:

We are planning a trip.
(私たちは旅行を計画しています。)

They invited us to the party.
(彼らは私たちをパーティーに招待しました。)

二人称 (Second Person)

二人称視点は、相手に直接話しかけるときに使います。

単数 (Singular)

主語 (Subject): you (あなたは)

目的語 (Object): you (あなたを・あなたに)

例文:

you are very kind.
(あなたはとても親切です。)

I will help you.
(私はあなたを助けます。)

複数 (Plural)

主語 (Subject): you (あなたたちは)

目的語 (Object): you (あなたたちを・あなたたちに)

例文:

You all did a great job.
(あなたたちはみんな素晴らしい仕事をしました。)

We will support you in this project.
(私たちはあなたたちをこのプロジェクトで支援します。)

三人称 (Third Person)

三人称視点は、他の誰かについて話すときに使います。

単数 (Singular)

主語 (Subject): he, she, it (彼は、彼女は、それは)

目的語 (Object): him, her, it (彼を、彼女を、それを)

例文:

He likes chocolate.
(彼はチョコレートが好きです。)

The cat followed him home.
(猫が彼を家までついてきました。)

She dances like nobody is watching.
(彼女は誰も見ていないかのように踊ります。)

Give her a compliment, and she will smile.
(彼女に褒め言葉を言うと、彼女は笑います。)

It is a sunny day.
(それは晴れの日です。)

I found it under the table.
(私はそれをテーブルの下で見つけました。)

複数 (Plural)

主語 (Subject): they (彼らは)

目的語 (Object): them (彼らを)

例文:

They are my friends.
(彼らは私の友達です。)

The teacher praised them .
(先生は彼らを褒めました。)

視点の使い分け

一人称視点:

例: I went to the store.
(私は店に行きました。)

特徴: 話し手自身の経験や感情を表現する。

二人称視点:

例: You need to finish your homework.
(あなたは宿題を終わらせる必要があります。)

特徴: 読者や聞き手に直接話しかける。

三人称視点:

例: He is playing soccer.
(彼はサッカーをしています。)

特徴: 他人の行動や状況を説明する。

視点を正しく使うことで、話の流れや意味が明確になります。

所有代名詞の紹介 (所有代名詞とは)

所有代名詞所有関係(誰・何が何かを所有していること)を指し示すために使用されます。例えば、「mine」「yours」「his」「hers」「its」「ours」「theirs」などが所有代名詞です。

所有代名詞(Possessive)
単数 (Singular)複数 (Plural)
一人称my, mineour, ours
二人称your, yours your, yours
三人称his, her, hers, its their, theirs 

所有代名詞には、2つの種類があります:ひとつは名詞と一緒に使うもの、もうひとつは単独で使うものです。

意点:his は両方の使い方ができる特別な所有代名詞です。

名詞と一緒に使う所有代名詞

この代名詞は名詞の前に置きます。その名詞が誰のものであるかを示します。

  • my (私の)
  • your (あなたの・あなたたちの)
  • his (彼の)
  • her (彼女の)
  • its (それの)
  • our (私たちの)
  • their (彼らの)

例文:

This is my book. (これは私の本です。)
『book』が名詞

Their house is big. (彼らの家は大きいです。)
『house』が名詞

単独で使う所有代名詞

これらは名詞を使わずに、所有物そのものを示します。この代名詞は名詞の前に置きません。

  • mine (私のもの)
  • yours (あなたのもの、あなたたちのもの)
  • his (彼のもの)
  • hers (彼女のもの)
  • ours (私たちのもの)
  • theirs  (彼らのもの)

例文:

This book is mine. (この本は私のものです。)

That car is hers. (あの車は彼女のものです。)

違いを説明する例 (対比)

This is my notebook. (これは私のノートです。) – 名詞と一緒に使う所有代名詞 - 代名詞は名詞の前に置きます。

This notebook is mine. (このノートは私のものです。) – 単独で使う所有代名詞 – 代名詞は名詞の前に置きません。

所有代名詞を正しく使うことで、誰のものかをはっきりと伝えることができます。これを覚えておくと、英語を使うときに便利です。

指示代名詞の紹介

次に、指示代名詞を紹介します。これは、特定の人や物を指し示すために使用される代名詞です。例えば、「this」「that」「these」「those」などが指示代名詞です。

指示代名詞(Demonstrative Pronouns)
話し手に近い話し手に遠い
単数 (Singular)ThisThat
複数 (Plural)TheseThose

まず、指示代名詞には、近くのものを指すものと、遠くのものを指すものがあります。

近くのものを指す指示代名詞

  • this (これ) – 単数形
  • these (これ・これら) – 複数形

例文:

  • This is my favorite pen. (これは私のお気に入りのペンです。)
  • These are my paintings. (これらは私の絵です。)

遠くのものを指す指示代名詞

  • that (あれ) – 単数形
  • those (あれ・あれら) – 複数形

例文:

  • That is my coffee; don’t drink it! (あれは私のコーヒーです。飲まないでください!)
  • Those are our houses. (あれは私たちの家です。)

次に、指示代名詞には、単独で使用されるものと、名詞の前に修飾語として使用されることもあります。

「This cookie is…」(名詞の前に修飾語)

このフレーズは特定のクッキーについて具体的に述べるときに使われます。「this cookie」という表現を使うことで、話し手はクッキーという名詞を特定し、そのクッキーについての情報を追加します。

例文:This cookie is delicious. (このクッキーはおいしいです。)
ここでは、「cookie」が名詞で、「this]が指示詞になります。主語は「this cookie」になります。

「This is…」(単独)

このフレーズは、特定の物や人を紹介するときに使われます。「this」という指示代名詞が主語となり、その後に説明や情報が続きます。名詞を直接指さずに、もっと広範な対象を指し示すことができます。

例文:This is my favorite cookie. (これは私のお気に入りのクッキーです。)
指示詞の「this]が主語になります。

例文での違い

  • This cookie is delicious. (このクッキーはおいしいです。)
  • That cookie is delicious. (あのクッキーはおいしいです。)
  • These cookies are delicious. (これらのクッキーはおいしいです。)
  • Those cookies are delicious. (あれらのクッキーはおいしいです。)
  • This is delicious. (これはおいしいです。)
  • That is delicious. (あれはおいしいです。)
  • These are delicious. (これらはおいしいです。)
  • Those are delicious. (あれらはおいしいです。)

指示代名詞を使うことで、話し手と聞き手の間で具体的な物や人を特定して話すことができ、コミュニケーションがより明確になります。

疑問代名詞の紹介

疑問代名詞は疑問を提示し、名詞の代わりとして機能します。

疑問代名詞 (Interrogative Pronouns)
物 (Things)人・物人 (Persons)
WhatWhichWhoWhomWhose

関係代名詞の紹介

関係代名詞は、関係節で使用される代名詞です。名詞と節の関係を示します。例えば、「who」「whom」「whose」「which」「that」などが関係代名詞です。

関係代名詞 (Relative Pronouns)
物 (Things)人・物人 (Persons)
ThatWhichWhoWhomWhose

再帰代名詞の紹介

再帰代名詞は「 ~ 自身 」 という意味を表します。

 再帰代名詞(Reflexive Pronouns)
単数 (Singular)複数 (Plural)
一人称 myself ourselves
二人称 yourself yourselves
三人称 himself, herself, itself themselves

不定代名詞の紹介

不定代名詞は不特定の人やものを指す代名詞です。

不定代名詞 (Indefinite Pronouns)
単数 (Singular)複数 (Plural)単数 複数
 another
each
either
much
neither
one
other
anybody, anyone, anything
everybody, everyone, everything
nobody, no one, nothing
somebody, someone, something 
both
few
many
others
several 
all
any
more
most
none
some 

関連ページ:

英語の冠詞:『The』、『 A 』、『 An 』の使い分け

『tell』 と 『say』 の違い

『every day』と『everyday』の違い

不規則動詞

コーセラで学ぶ(日本語可)英語初級文法

こんにちは 👋
よろしくね。

受信トレイに素晴らしいコンテンツを受け取るためにサインアップしてください。

RSS
Follow by Email
上部へスクロール