ブログ画像:tell と say の違いについての説明。

tell と say の違い

この記事では、『tell』 と 『say』 の違いを紹介します。能動態の『tell』 と 『say』、受動態の『tell』 と 『say』を分けて紹介します。

その前に、能動態と受動態とはなんでしょうか?

能動態(Active Voice)では、文の主語が動作を行う主体となります。
簡単に言うと、主語が動詞の動作を実行する構文です。

日本語例:先生が生徒たちを教える
(先生が主語)

受動態(Passive Voice)では、文の主語が動作を受ける側となります。
つまり、主語が動詞の動作の対象となる構文です。受動態の文は、能動態の文を変形させて作ります。

日本語例:生徒たちは先生によって教えられる
(生徒たちが主語)

tell と say の違い (能動態)

『Tell』

Tell には目的語(伝えられる相手)が必要です。

構文(現在形): 主語 + tell(s) + 誰か(me, him, her, themなど) + 何か

正しい: Alice tells me that he will be late.
(アリスは私に遅れると言います。)

不正確: Alice tells that he would be late.

正しい: The teacher tells the students the instructions.
(先生は生徒たちに指示を伝える)

不正確: The teacher tells the instructions.

また、以下の例文は目的語を含むため、どちらの表現も正しいですが、日常英語では最初の表現の方が自然な英語です。

自然な言い方: She tells him a secret.
(彼女は彼に秘密を教える。)

不自然な言い方: She tells a secret to him.

過去形

構文: 主語 + told + 誰か + 何か

: She told him the news.
(彼女は彼にニュースを伝えた)

未来形

構文: 主語 + will tell + 誰か + 何か

: She will tell him the news.
(彼女は彼にニュースを伝えるだろう)

『Say』

Say は伝えられる相手が必要ありません

構文: 主語 + say(s) + 何か

正しい: Julie says she would come to the party.
(ジュリーはパーティーに来ると言う。)

不正確: Julie s me that he would be late.

過去形:

構文: 主語 + said + 何か

例: She said she would come.
(彼女は来ると言った)

未来形:

構文: 主語 + will say + 何か

例: They will say they are ready.
(彼らは準備ができたと言うだろう)


直接話法: 直接引用を導入するためによく使われます。

: She said, “I will be late.”
(彼女は「遅れる」と言った)

間接話法: 目的語と一緒に使えますが、通常は人の前に『to』を必要とします。

正しい: She said to me that she would be late.
(彼女は私に遅れると言った)

間違い: She said me that she would be late.

不自然:She said that she would be late to me.

tell と say の違い (受動態)

『Tell』

tellの場合、受動態でも伝えられる相手が必要ですが、伝えられる相手が目的語ではなく、主語になります。

構文: 主語 + be動詞 + told + 何か (by 誰か)

『tell』を使った受動態の文では、主語の時制や数に応じて「be動詞」が使われます。
受動態の構文では常に『be動詞』を使い、動詞『tell』は時制に関係なく『told』の形になります。

主な『be動詞』一覧:

現在形: am, is, are 
過去形: was, were 
未来形: will be 
現在完了形: have been, has been

: He was told the news (by her).
(彼は(彼女から)ニュースを伝えられた)

過去形

構文: 主語 + was/were + told + 何か (by 誰か)

:The students were told the instructions (by the teacher).
(生徒たちは(先生から)指示を伝えられた)

未来形

構文: 主語 + will be + told + 何か (by 誰か)

: The students will be told the instructions (by the teacher).
(生徒たちは(先生から)指示を伝えられるだろう)

『say』

Say の受動態も伝えられる相手が必要ありません。

構文1: it + be動詞 + said + that節

  • : It is said that she is talented.
    (彼女は才能があると言われている)

構文2: 主語 + be動詞 + said + to不定詞

  • : She is said to be talented.
    (彼女は才能があると言われている)

過去形

構文1: it + was said + that節

: It was said that he had left the country.
(彼が国を離れたと言われていた)

構文2: 主語 + was said + to不定詞

: He was said to have left the country.
(彼は国を離れたと言われていた)

未来形

構文1: it + will be said + that節

: It will be said that the decision was wise.
(その決定が賢明だったと言われるだろう)

構文2: 主語 + will be said + to不定詞

: The decision will be said to have been wise.
(その決定が賢明だったと言われるだろう)

命令を報告する場合

Tell は命令文を報告する際に使用され、この場合「tell」の後には直接目的語と「to + 不定詞」が続きます。

: She told me to sit down.(彼女は私に座るように言った。)

このように、”tell” と “say” はそれぞれ独自の文法規則と用法があり、希望される内容に応じて適切な形を選ぶことが重要です。


関連ページ:

英語の冠詞:『The』、『 A 』、『 An 』の使い分け

代名詞の紹介 (8種類の代名詞)

『every day』と『everyday』の違い

不規則動詞

コーセラで学ぶ(日本語可)英語初級文法

こんにちは 👋
よろしくね。

受信トレイに素晴らしいコンテンツを受け取るためにサインアップしてください。

RSS
Follow by Email
上部へスクロール