勉強する二人。 『アクティブラーニングとは』のブログ記事画像。

アクティブラーニング

アクティブラーニングってどういう意味?

アクティブラーニングの本質と多面性

アクティブラーニングは、いくつかの研究によって定義されていますが、その根底には学習者が中心で能動的な学習であるという点が共通しています。この方法は、単に情報を受け取るのではなく、自分自身で問題解決や批評的思考を行い、そのプロセスを通じて学びます。

アクティブラーニングとスキルセット

日本や欧州諸国で広く導入されているアクティブラーニングは、コミュニケーション、チームワーク、論理的思考力の育成が主な目的です。グローバル化とIT技術の進展により、独自の思考を持ち、多文化的な背景を持つ人々と効果的にコミュニケーションを取る能力が求められています。

知識の定着

しかし、アクティブラーニングは単にスキルの習得だけを目的としているわけではありません。研究(E. Bjork and R. Bjork 2011など)が示すように、考えたり、振り返ったりすることが記憶に定着しやすくする効果があります。問題解決や批評的思考は、頭を活発に使わせ、それがまた学習内容の記憶に役立ちます。また、既存の知識を新しい知識や経験に関連づけることも記憶のためになります。

具体的なアクティビティ

数学の問題解決、ディスカッション、教える活動などは明らかなアクティブラーニングの例です。英語学習では、実際に文章を書いたり、意見を述べたりすることが能動的な学習につながります。

適切な難易度

難易度が高すぎると逆効果になる可能性もあります。理解が必要であり、それには適度な難易度が求められます。したがって、年齢、レベル、目的に応じて、適切なアクティビティが必要です。

多様な手法と焦点

アクティブラーニングには様々な手法があります。一部はコミュニケーションとチームワークに焦点を当て、一方で論理的思考を強調するものもあります。知識の定着に焦点を当てた活動(クイズなど)も重要です。

セクションのまとめ:

総じて、アクティブラーニングは一口に言っても多種多様な手法と目的があり、それぞれが異なる教育的ニーズに応えています。最も重要なのは、学習者が能動的に参加し、そのプロセスを通じて多面的に成長することです。それが、現代社会において求められる多様なスキルセットを形成する基盤となります。

パッシブ・ラーニングとは

パッシブ・ラーニングとその特性

アクティブラーニングと対照的な教育手法としてパッシブラーニングがあります。パッシブラーニングは、講師や指導者が中心となる形式で、学習者は受動的な役割を担います。この方式では、講師が一方的に情報を提供し、学習者はそれを受け取るだけです。講義、プレゼンテーション、ビデオ視聴などが典型的な形態としてあげられます。

講師の役割と力量

アクティブな教授法は、確かにパッシブなものよりも複雑で難しい面があります。これは、クラスを運営する講師の力量が非常に重要になるからです。講師は単に情報を提供するだけでなく、学習者の参加を促し、各個人のニーズに対応するための多様な教材や活動を設計・実施する必要があります。

アクティブラーニングのクラスでは、講師はより多くの準備と対話を求められるでしょう。例えば、小グループでのディスカッションを活発にするためには、事前に質問や議論のポイントを練っておく必要があります。また、学習者が自主的に考えたり行動する時間を確保しながら、そのプロセスを適切にガイドするスキルも求められます。

アクティブとパッシブの組み合わせの重要性

学習効果と研究結果

確かに、過去30年にわたって多くの研究が示しているように、アクティブラーニングは一般にパッシブラーニングよりも効果的な学習手法とされています(Brama 2016)。しかし、それがすべての状況や全ての学習者に適しているわけではありません。パッシブラーニングは特に、新しい情報を効率的に吸収する際に役立ちます。講義やプレゼンテーションは、専門家が厳選した情報を簡潔かつ整理された形で提供できる場であり、初めて接する内容に対して基本的な理解を得るのに有用です。

エネルギーと持続可能性

アクティブラーニングは確かに多くのエネルギーを消費する手法です。問題解決、ディスカッション、プロジェクトなど、精神的なエネルギーを大量に使います。これに対して、パッシブラーニングは比較的エネルギーの消費が少ないため、1日の中でバランス良く学習活動を行うには、両者を組み合わせるのが最も効率的です。

具体的な例:英語学習

英語学習においても、このバランスが非常に重要です。例えば、数時間にわたって積極的な会話練習や文法のエクササイズをした後に、多読(エクステンシブ・リーディング)を行うことで、総合的なスキルを高めることができます。アクティブな学習で培った知識やスキルを、パッシブな学習で補完と定着を促すのです。

プライミング効果

パッシブな学習方法でも、授業やレッスンの前に授業内容を一通り目を通すだけで、プライミング効果が得られます。このプライミング効果により、学習者は新しい情報をより効率的に処理し、記憶に定着させやすくなるとされています。

セクションのまとめ:

要するに、アクティブラーニングとパッシブラーニングにはそれぞれ独自の利点と制限があります。効率的な学習を目指すには、これらを適切に組み合わせることが重要です。特にエネルギー管理や総合的なスキルの向上を考慮すると、バランスの取れた学習方法が最も実用的であると言えるでしょう。

読書はアクティブ?

アクティブラーニングと読書

読書は、一般的にはパッシブな活動とされがちですが、それは読書のやり方によります。例えば、読書を単なる情報の摂取とするのではなく、ノートを取りながら主要なポイントや引用を記録する場合、そのプロセスはアクティブラーニングになり得ます。さらに、章ごとやセクションごとに立ち止まり、読んだ内容を振り返ることで、理解を深め、記憶に定着させることが可能です。このようなアプローチは特に学術的なテキストや専門書において有用です。

また、読了後にその内容を要約したり、誰かにその本の主題や教訓を説明することも、アクティブな学習の一形態です。このプロセスでは、読んだ情報を自分自身の言葉で再構築する必要があり、それによって理解が一層深まります。

パッシブラーニングと読書

逆に、単に文字を目で追っていくだけの読書は、パッシブな学習方法と言えます。これは特に、多読やエンターテインメントとしての読書によく見られます。ただし、そのような読書でも、その後で感想を書いたり、話し合ったりすることでアクティブな要素を加えることができます。さらに、読んだ本に基づいてロールプレイングをしてストーリーを再現したり、関連するトピックでプロジェクトを作成するなどもできます。

セクションのまとめ:

読書は、その取り組み方によってはアクティブラーニングにもパッシブラーニングにもなり得ます。目的や状況、そして何を達成したいのかによって、読書のスタイルを選ぶことが重要です。アクティブとパッシブの要素を適切に組み合わせることで、より効率的かつ深い理解を得ることが可能です。

英語初級者も英語でアクティブな学習ができますか?

基本レベルでのアクティブラーニング

英語の経験が少ない方や小さいお子さんでも、アクティブな学習は十分可能です。英語の初級者は、複雑なディスカッションが難しいかもしれませんが、それはアクティブラーニングが不可能であるというわけではありません。たとえば、簡単な単語やフレーズを使用してコミュニケーションを取る試み、またはジェスチャーと単語を組み合わせて意味を伝えるよう努力することも、能動的な学習の一環です。

好奇心:質問と調査

初級者でも、わからない単語や表現に遭遇した場合、それを調べたりクラスで質問することはアクティブな学習といえます。このような疑問を持ち、それを解決するプロセス自体が、言語習得において非常に重要なステップです。

年齢とレベルに応じた進化

年齢と英語のレベルが上がるにつれて、アクティブラーニングの方法も進化します。初級レベルでは単語や短いフレーズに焦点を当てるかもしれませんが、中級や上級になると、複雑なテキストの分析やディスカッションが可能になります。

適度なチャレンジ

アクティブラーニングには、適度なチャレンジが必要です。ただ単に簡単な活動を繰り返すのではなく、少しずつ難易度を上げていくことで、グローバル人として必要なスキルと英語の知識を同時に深めることができます。

セクションのまとめ:

英語の初級者でも、状況や目的に応じてアクティブラーニングは十分に実施できます。言語のレベルや年齢によっては方法が限られるかもしれませんが、その制限内で工夫を凝らすことによって、効果的な学習が可能です。そして、そのようなアクティブな取り組みが、長期的には高度なコミュニケーション能力と言語スキルを培う基盤となります。

参考文献:

関連ページ

Please follow and like us:

こんにちは 👋
よろしくね。

受信トレイに素晴らしいコンテンツを受け取るためにサインアップしてください。

上部へスクロール