月で水やりをするロボット。 『英語学習のモチベーション維持』のブログ記事画像。

英語学習のモチベーション維持

学習のモチベーションを維持することは簡単ではありません。日々の忙しさや様々な誘惑、そして学習の困難さ自体が、私たちの集中力や意欲を奪い取ることがしばしばあります。しかし、持続的な学びの姿勢は非常に重要です。この記事では、効果的な学習方法やモチベーションを高めるためのヒント、さらには日常生活での応用例などを紹介していきます。一緒に、学びの旅をより楽しく、より実り多くする方法を探求してみましょう。

英語学習のモチベーションが重要

英語学習のモチベーションは、学習者が目標を達成するための原動力となります。モチベーションが高いと、学習者は新しい情報を吸収し、困難に立ち向かい、学習を続ける意欲を保つことができます。逆に、モチベーションが低いと、学習者は容易に挫折し、学習を放棄する可能性があります。

モチベーションは、学習者が自己効力感を持てるようにするためにも重要です。自己効力感とは、自分が困難な課題や状況に対処できるという信念のことで、これが高いほど、学習者は新しい挑戦を受け入れ、困難を乗り越える意欲を持つことができます。

しかし、モチベーションを維持することは簡単なことではありません。それは、学習者自身の心理的な要因だけでなく、学習環境や教材、教師の教え方など、多くの外的要因にも影響を受けます。したがって、学習者自身が自分のモチベーションを理解し、それを維持する方法を見つけることが重要です。

やりすぎないこと

外国語学習が闘いならば長期戦です。英語学習を成功する人たちの特徴は英語学習と健康的な関係を保てている人たちです。学習は長期的な付き合いだと認識して、毎日コツコツと学習嫌いにならない人たちが成功しやすいでしょう。無理やり、毎日、1−2時間自習すると目標を立てても、限界を超えて自習すると学習が続きません。正直、30分程度で十分です。英語学習をしたくてたまらない人は、ぜひ、長時間学習してください。しかし、自分の限界を知ることが大切になります。

また、英語学習も大切ですが、英語に触れる時間も大切です。英語に触れる時間は簡単な映画を見たり、簡単な絵本を読んだりと様々です。英語学習と異なり、苦に感じることが少ないにも関わらず、英語の習得に重要な時間です。英語の向上に貢献するだけではなく、実用的に英語に触れ、使うことでモチベーションの向上に繋がります。

ですから、英語学習と英語に触れる時間を両方確保しましょう。英語学習はほどほどに、毎日続けれる程度の時間を確保しましょう。

英語学習のための明確な目標を設定する

英語学習のモチベーションを維持するための一つの方法は、明確な学習目標を設定することです。目標は、学習者がどこに向かっているのか、何を達成しようとしているのかを示し、その方向性と焦点を提供します。目標を設定することで、学習者は自分自身の進捗を容易に追跡することができます。例えば、目標が「3ヶ月以内に基本的な日常会話ができるようになる」であれば、毎週一定数のフレーズや単語を学び、それを実際の会話で使ってみるといった進捗を計測できます。

SMART原則の適用

SMART原則(具体的、測定可能、達成可能、関連性があり、時間制限がある)を適用すると、目標設定がより効果的になります。

  • 具体的(Specific): 「英語を話せるようになりたい」という抽象的な目標よりも、「6ヶ月後にはビジネスミーティングで自分の意見を英語で述べられるようになる」など、具体的な目標が望ましい。
  • 測定可能(Measurable): 目標には明確な評価基準を設けます。例えば、「一日に学ぶ新しい単語数を20語にする」といった測定可能な目標が考えられます。
  • 達成可能(Achievable): 限られた時間とリソースで達成可能な目標を設定します。例:「1年でIELTSで7.0を取る」
  • 関連性(Relevant): 個人の興味やキャリア目標に関連する目標を設定することで、モチベーションが持続します。例:旅行が好きなら、「3ヶ月後には海外旅行で基本的な会話ができるようになる」。
  • 時間制限(Time-bound): 目標には期限を設けます。時間制限があることで、学習者はプロジェクトを計画し、期限内に達成するための行動を取りやすくなります。

英語学習のための明確な目標設定は、学習者が焦点を絞り、モチベーションを維持する鍵となります。SMART原則を適用することで、目標設定はより具体的かつ効果的になり、それが結果として学習者の自己効力感と達成感を高め、継続的な学習へとつながります。

ロボットがテーブルに座り、ペンを使ってノートに書き込んでいるイラスト。
SMART ゴールを紙に書こう。

モチベーションと責任感のためのサポートシステムを築く

サポートシステムの意義

英語学習においてサポートシステムを築くことは、モチベーションを維持し、困難な局面を乗り越えるための重要なステップです。サポートシステムは家族、友人、教師、同僚、メンター、カウンセラーなど、多様な人々と資源で構成されます。

サポートシステムは、学習者が学習の困難に直面したときに、アドバイスや励まし、情報や資源を提供し、学習者が自分自身の学習を適切に管理し、効果的に進めることを助けます。また、サポートシステムは、学習者が自分の学習に対する責任感を持つことを助けます。これは、学習者が自分の学習に対するコミットメントを維持し、目標を達成するために必要な行動をとることを奨励します。しかし、効果的なサポートシステムを築くためには、適切な人とリソースを見つけ、それらを活用することが重要です。それは、学習者自身が自分の学習ニーズを理解し、それに対応するための適切なサポートを求める能力を必要とします。

困難な状況でのサポート

例えば、学習者が「英語の発音に自信がない」と感じたとき、サポートシステムは以下のように機能します:

  • 家族: 「大丈夫、練習すれば上達するよ」と励ましを提供。
  • 友人: 「一緒にカラオケで英語の歌を歌おう!」という形で楽しみながら発音練習の場を提供。
  • 教師: 専門的な発音練習方法や資料を提供。

学習管理と責任感

サポートシステムは学習者が自分自身の学習を適切に管理し、責任感を持つためにも重要です。例えば、進捗が遅れそうな場合:

  • 同僚: 「毎週金曜に進捗を報告しよう」と進捗確認の機会を作る。
  • メンター: 「このアプリを使って時間管理を試してみては?」と新しい資源やツールを紹介。

サポートシステムの選定と活用

効果的なサポートシステムを築くためには、学習者自身が自分のニーズと目標を明確にし、それに適したサポートを選ぶ必要があります。

  • 自己理解: 「私はどの部分で困っているのか?」と自問自答する。
  • リサーチ: どのような人々や資源がそのニーズに対応できるのかを調査。

例えば、文法が苦手な学習者は、専門的な教材や文法に強い教師のサポートを求めることが有用です。

サポートシステムは学習者がモチベーションを維持し、困難を乗り越え、自分自身の学習を効果的に管理するために不可欠です。そのためには、学習者自身が自分のニーズを理解し、適切なサポートを選ぶ能力が求められます。このようなサポートシステムの構築と活用が、学習者が英語学習において持続的な成功を達成するための鍵となります。

勉強習慣を作る

勉強習慣の意義

効果的な勉強習慣を形成することは、英語学習におけるモチベーション維持に非常に有用です。勉強習慣は、定期的な学習のルーチンやパターンを指し、これによって学習者は学習時間を確保し、その時間を効率よく活用できます。また、学習が習慣になることで、学習を始めるのが比較的に楽になります。

例えば、毎日決まった時間に英語の単語カードを10枚ずつ復習するという習慣があれば、その積み重ねが自己効力感を高めます。さらに、週に一度の英語の読書習慣や毎朝のニュースリスニング習慣なども、学習への意識を高めます。

自己評価と自己反省の習慣も設ける

学習の自己評価と自己反省を行い、学習の進捗を追跡する機会を設けましょう。自己評価と自己反省はモチベーションの向上になるだけだなく、学習効率も高めます。定期的な学習習慣を持つことで、例えば毎週末にその週の学習内容や達成度を振り返る時間を作ることが容易になります。

モチベーションと習慣の関係

習慣は、最初は意識的な努力が必要ですが、徐々に自動化されていくため、長期的なモチベーション維持に役立ちます。習慣が形成されると、それが自然と行動の一部となり、特別な努力を必要としなくなります。このようにして、習慣は持続的な学習と成長を支える強力なツールとなります。

習慣が楽に感じる理由

習慣がなぜ楽なのかを説明する際に、ダニエル・カーネマンの「ファスト・アンド・スロー(Thinking, Fast and Slow)」の理論を参照することは非常に有益です。この本では、カーネマンは人間の思考を2つのシステム、すなわち「システム1(ファスト)」と「システム2(スロー)」に分けています。

システム1(ファスト)

習慣が楽な理由は主に心理的なプロセスと神経科学的な側面に起因します。以下にいくつかの主な要因を挙げます。

  • 自動的で努力のいらない思考のプロセス。
  • 習慣や直感、即座の判断に関与しています。

システム2(スロー)

  • 論理的で計画的な思考のプロセス。
  • 集中と努力が必要で、新しいスキルの習得や複雑な計算に用いられます。

習慣とシステム1

習慣は主にシステム1によって駆動されます。例えば、歯磨きや靴の紐を結ぶなどの日常的な習慣は、ほとんど考えることなく自動的に行われます。これはシステム1が高度に効率的でエネルギーをほとんど使わないからです。

習慣の形成とシステム2

一方で、新しい習慣を形成する過程ではシステム2が重要な役割を果たします。例えば、新しい言語を学ぶときや新しいスキルを習得するときは、最初は集中と努力が必要です。しかし、一度習慣が形成されると、その活動はシステム1に移行します。

  1. エネルギー効率: システム1はエネルギー効率が良いため、習慣になった行動はほとんど努力を必要としません。習慣が形成されると、その行動を実行するために必要な意志力が少なくなります。これは特に重要な点で、意志力は一日の中で消耗するリソースとされています
  2. 精神的負担の軽減: 習慣は自動的に行われるため、他の重要なタスクに集中する精神的スペースが確保されます。習慣は決断を簡単にします。つまり、何をすべきか考える必要がなく、認知的な負荷が軽減されます。
  3. 予測可能性と安心感: 習慣は予測可能なパターンを作り出し、これにより、未知の状況や新しい課題に対する不安や抵抗感が軽減されます。

習慣はこれらの要因によって、習慣は新しい行動に比べて「楽」に感じられることが多いです。ただし、習慣が必ずしも良い結果をもたらすわけではなく、不健康な習慣や生産性を阻害する習慣も存在するため、その形成と管理には注意が必要です。

習慣の力と英語学習

チャールズ・デュヒッグの著書「習慣の力」では、習慣がどのように形成され、どのように変えられるのかについて深く掘り下げられています。この理論を英語学習に応用することで、継続的なモチベーション維持が可能になります。

デュヒッグによれば、習慣は「キュー(トリガー)」、「ルーチン(行動)」、「報酬」の3つの要素で構成されるループによって形成されます。

  • キュー(トリガー): 何らかの刺激や状況が行動を引き起こすきっかけです。
  • ルーチン(行動): キューに反応して起こる具体的な行動です。
  • 報酬: ルーチンの結果として得られる何らかの利益や満足感です。

このループを理解することで、新しい習慣を形成する際にどの要素に焦点を当てれば良いのかが明確になります。

3つロボットが異なるアクションをとっているイラスト。左のロボットはトイカーを操作しており、中央のロボットは驚いているように見える、そして右のロボットはタブレットを手に持っている。各ロボットの上には、シンボル付きの吹き出しが表示されている。
1:キュー、2:ルーチン、3:報酬

例をいくつか見てみましょう。

帰宅後の短い英語アニメーション視聴:

  • キューの設定: 学校から帰宅したら、10分程度の英語のアニメーションを観る。帰宅がキューとなります。
  • ルーチンの選定: 帰宅後、リュックを置いて手を洗ったら、YouTubeなどで短い英語のアニメーションを観ます。
  • 報酬の確認: アニメーションを観終わった後、その内容を親に話し、楽しかったと感じることが報酬です。

週末の英語日記:

  • キューの設定: 週末の夜、夕食後に英語で日記を書く。夕食後がキューとなります。
  • ルーチンの選定: 夕食後にテーブルに座り、その週に学んだ英語の単語や表現を使って短い日記を書きます。
  • 報酬の確認: 日記が書けたら、その内容を両親や兄弟、友達に見せて、ポジティブなフィードバックを得ます。

英語を学ぶ過程は、しばしば単調で退屈に感じるかもしれません。しかし、学習環境に楽しくインタラクティブな活動を取り入れることで、学習の楽しさを見つけ、モチベーションを維持することができます。

通学の電車で多読を楽しむ:

  • キューの設定: 電車の席に座ったら、多読を始める。座ることがキューとなります。
  • ルーチンの選定: 電車の席についた直後、好きな本をゆったりと読む。
  • 報酬の確認: 多読のストーリーを楽しむことが報酬になります。

夜のリラックスタイムに英語映画視聴:

  • キューの設定: 夕食後、リラックスのために英語の映画やドラマを観る。夕食後のリラックス時がキューとなります。
  • ルーチンの選定: 夕食後にソファに座り、英語の字幕付きで映画やドラマを観ます。
  • 報酬の確認: ドラマを観終わった後、楽しかったと感じることや新しい表現や単語を学べたことが報酬となります。

英語学習において、習慣の力を理解して活用することで、持続可能なモチベーションと効率的な学習が実現可能です。キュー、ルーチン、報酬のループを意識的に設計することで、英語学習をより効果的なものにしましょう。

英語学習と応用

学習とモチベーションと応用は循環的な関係にあります。学習が進むと応用の場が増え、応用が成功するとモチベーションが高まり、高いモチベーションは更なる学習を促進します。このようにして、英語学習、モチベーション、そして応用は密接に関連しながら、一人一人の成長とスキルの向上を支えています。

学習とモチベーションと応用の例でみてみましょう。

  1. スキルの実証: 英語学習が進むと、それを実生活や仕事、学校で応用する機会が増えます。これが成功体験となり、さらなる学習へのモチベーションを生むことが多いです。
  2. 継続的な学習の必要性: 英語を実践的に使うと、まだ学ぶべき点や不足しているスキルが明確になり、これが次の学習目標となります。
  1. スキルの実証
    • : 英語の授業で学んだ文法や単語を使って、海外の友達とメールを交換する。これが成功すると、自信がつき、さらなる学習に繋がります。
  2. 継続的な学習の必要性
    • : 旅行で英語圏の国を訪れた際、地元の人とコミュニケーションを取る中で、自分がまだ知らないスラングやイディオムに出会います。これが新たな学習目標となり、帰国後も英語学習を続ける意欲が湧きます。

適切な難易度の重要性

  1. 適度な挑戦: 難易度が高すぎると挫折感を呼び起こし、低すぎると退屈に感じてモチベーションが下がる可能性があります。適度な挑戦が、学習者が継続的に努力をする原動力となります。
    • : 初級者が複雑な文学作品を読むのは難しすぎるかもしれませんが、短い記事や初級者向けの短編小説は適切な挑戦となるでしょう。
  2. フィードバックループ: 適切な難易度の資料や練習問題を選ぶことで、正確なフィードバックを得やすくなります。これにより、自己効力感が高まり、モチベーションが維持されます。
    • : 英会話アプリでレベルに合った会話練習をすることで、正確な発音や表現を身につけ、自信がつく。
  3. 自己評価と調整: 使用している教材や方法が適切でないと感じたら、それらを調整する柔軟性が重要です。
    • : オンラインコースで進捗が思うようにいかない場合、他の教材に切り替えるか、追加の練習をする。
ロボットが梯子を上手く使えずに、その梯子を倒してしまいそうなイラスト。
次へのステップが大きすぎると登れない。

適切な難易度と資源の選定は、学習者が自己効力感を高め、モチベーションを維持するために不可欠です。学習者自身が自分のニーズと目標を理解し、それに最も適したリソースと方法を選ぶ能力が求められます。このプロセスを通じて、持続可能なモチベーションと効率的な学習が実現します。

成長マインドセットと英語学習

心理学者Carol S. Dweckによる「成長マインドセット」の概念は、英語学習にも非常に適用しやすい考え方です。Dweckによれば、人々は大きく分けて「固定マインドセット」と「成長マインドセット」のいずれかに該当する傾向があります。

  • 固定マインドセット: 自分の能力や知識は固定されていて変わらないと考える。
  • 成長マインドセット: 能力や知識は努力と戦略によって向上できると信じる。

英語学習と成長マインドセット

  1. 失敗(間違え)は学びの一部: 成長マインドセットを持つ人は、失敗を避けようとはしません。むしろ、失敗から何を学べるかを考えます。英語学習での失敗も、次にどう改善するかのフィードバックとなり得ます。
  2. 努力の価値: 英語学習は継続的な努力が必要ですが、成長マインドセットがあれば、その努力が自分を成長させるプロセスだと受け止められます。
  3. 戦略の見直し: 何かうまくいかなかった場合、成長マインドセットを持つ人は「自分にはできない」と諦めるのではなく、どのような戦略が効果的かを考えます。

習慣と成長マインドセットの連携

成長マインドセットと習慣の形成は、互いに補完し合います。例えば、習慣のループ(キュー、ルーチン、報酬)を設計する際、成長マインドセットがあれば、その「ルーチン」は持続的な努力や戦略の調整を含むようになります。また、「報酬」は単なる目標達成以上のもの、つまり自己成長という達成感を与えてくれるでしょう。

Carol S. Dweckの成長マインドセットと、チャールズ・デュヒッグの習慣の力は、いずれも英語学習におけるモチベーション維持と効果的な学習法に直接貢献します。これらの概念を活用して、自分自身の英語学習をより賢く、より効率的に進めていきましょう。

ロボットが土の上で苗木を植えているイラスト。ロボットは真剣に植物の世話をしており、背景には数粒の石や土が散らばっている。
絶対、成長するぞ!

英語学習の進歩とマイルストーン:祝う価値がある瞬間

英語学習はしばしば長い道のりとされ、その過程で多くの人々が何度も挫折を感じることがあります。しかし、そのような長い旅の中で、特定のマイルストーンに到達したときには、その瞬間を祝うことが非常に重要です。そこで、進歩とマイルストーンを祝う方法について考えてみましょう

例えば、試験に合格した、または、英語学習が一年続いたなどを理由にマイルストーンを祝いましょう。

なぜ祝うのか

  1. モチベーションの維持: 成果を祝うことで、次へのステップに対するモチベーションが高まります。
  2. 自己評価: 自分自身の成長を客観的に確認できる機会となります。
  3. コミュニティのサポート: 知り合い、家族、友達と祝うことで、外部からのサポートと承認を感じることができます。

どのように祝うか

  1. シェアする: 進歩や達成した目標を人々と共有することで、その重要性が増します。これはSNSでのシェアでも良いし、家族や友達に直接話す形でも構いません。
  2. 小さなパーティーまたは集まり: 特定のマイルストーンに到達した際には、小さなパーティーや集まりを開いて祝うことが有効です。これが再び勉強に取り組む動機づけになります。
  3. 記念の品を作る: 何らかの形でその瞬間を物理的に記録することも一つの方法です。例えば、達成証明書を作る、特別な写真を撮るなどが考えられます。

成長マインドセットとの関連性

成長マインドセットを持つ人々は、自らの成長と努力を価値あるものと考えます。だからこそ、マイルストーンに到達したときにそれを祝うことは、成長マインドセットをさらに強化する要素となるでしょう。

英語学習における進歩とマイルストーンは、必ずしも一人で黙々と達成するものではありません。それを家族や友達、知り合いと共有し、祝うことで、その過程がより有意義なものになり、継続的なモチベーションの維持が可能となります。だからこそ、小さな成功も大きな成功も、しっかりと祝ってその喜びを分かち合いましょう。

Please follow and like us:

こんにちは 👋
よろしくね。

受信トレイに素晴らしいコンテンツを受け取るためにサインアップしてください。

上部へスクロール